• HOME
  • 子育て
  • 生活の中にある 身近な素材であそぶ【かぞくであそぼ】

生活の中にある 身近な素材であそぶ【かぞくであそぼ】

子育て

寒い季節は室内であそぶことが増えますね。家の中には、あそびのタネがたくさん隠れています。身近なものを生かしたあそびは、おもちゃがなくても自分自身の工夫で楽しむことができる、いい経験になりますよ。

生活の中にある 身近な素材であそぶ

時には、こんなバリエーションも

小麦粉粘土

片栗粉とはまた違った感触が楽しめます。粘土のように形をつくったり、食紅や絵の具を混ぜて色をつけることもできますよ。

【あそび方】
小麦粉を用意したら、少しずつ水を加えてこねて、粘土のようにあそびます。小麦粉は、最初は50~100gもあれば十分。塩を加えると腐りにくく、サラダ油をスプーン1杯くらい加えると滑らかな触り心地になるので、試してみてくださいね。

ふわふわスクイーズ

もっちり柔らかな感触で、人気のおもちゃ「スクイーズ」。手芸用のわたでオリジナルのスクイーズをつくってみませんか。

【あそび方】
手芸用のわたを、ティッシュペーパーで二重くらいに包み、包み終わりをセロハンテープで留めます。不思議なふんわり感触を楽しむほか、細いペンで模様や顔を描けばオリジナルのスクイーズの完成。触ったり積んだり投げたり、工夫してあそんでみて。

しみず みえさん

こども×おとな×しごとプロジェクト代表。キッザニア東京の創業にも関わる。 著書:「あそびのじかん」

プロフィール

イラスト:小出 真朱 さん

漫画家。赤ちゃん写真の新たな楽しみ方『ねぞうアート®』を日本中に拡めた創始者でもある、ママ兼マルチクリエイター。代表作:『とんでもオヤジの「学び革命」』(小...

プロフィール

関連記事一覧