• HOME
  • 連載
  • 小さい子どももマスク必要?夏まで及ぶ新型コロナの影響

小さい子どももマスク必要?夏まで及ぶ新型コロナの影響

子どもの夏マスクどうする?
連載
この記事のポイント

  1. まだまだ気を抜けない新型コロナウィルス。夏の暑い中、子どもにマスクは必須なの?
  2. 病院の先生によると、子どもに対してはあまり神経質にマスクを強制する必要はない。
  3. 日本小児科医会は、2歳未満の小さい子どもにマスクをつけるのはむしろ危険! という声明を出している

園によって対応分かれる

秋田県内ではここしばらく新型コロナウイルスの感染者は出ていませんが、感染への警戒は続いています。マスク着用を求めるお店もあって、外出にはマスクが不可欠。でも、小さな子どもにも常時マスクは必要なのでしょうか。蒸し暑い中だと、健康上心配になってしまいます。

5月いっぱいまでは幼稚園から、保護者も子どもも必ずマスクをするよう言われていました。マスクを着けて登園し、保護者は園内には入れなかったです

と、秋田市内の幼稚園に通う年少児(3歳)のママ。6月に入って緩和されたとのことですが、園によってはマスク着用を続けているところもあり、対応が分かれています。

子どもの場合、登園時はマスクをしていても、ずっと着けているのは難しそう。 遊んでいるうちに取ってしまう場合が多いですよね。

子ども同士の場合、心配は少ない

小児科の先生のご意見を聞いてみました。やすおか小児科医院(秋田市)の安岡健二先生によると、今回のコロナウイルスは、大人から子どもへの感染はありますが、逆はないとされています。また、保育園・幼稚園からのクラスター発生も世界中で認められていないそう。「つまり、こども同士で遊んでいる分にはあまり心配ないということです」 (安岡先生)

「気を付けるべきなのは職員と保護者であり、大人が感染予防をしていれば子どもに対してはあまり神経質になる必要はないと思います」 と、先生。「現実的に、幼稚園児にマスクをちゃんと着用させ、なおかつマスクを触るな!とか徹底させるのは無理でしょう」。

また、小さい乳幼児については「2歳未満の子どもにマスクは不要、むしろ危険!」という声明が、日本小児科医会から出されています。 声明によると、乳児のマスク着用の心配な点が以下のように挙げられています。

  1. 乳児の呼吸器の空気の通り道は狭いので、マスクは呼吸をしにくくさせ、呼吸や心臓への負担になる。
  2. マスクによって熱がこもり熱中症のリスクが高まる

無理やりではなく習慣づけを

幼稚園や保育園での感染については、今のところ心配の必要はなさそうです。とはいえ、新型コロナウイルス第2波の心配もありますし、マスクに慣れておくに越したことはありませんよね。

お話を聞かせてくれたママが、こんなアイディアを教えてくれました。

うちの子は忍者が好きなので、紋入りのマスクを用意しました。『すごい、忍者みたい!』と褒めちぎると、嫌がらずに着けられるようになりました

マスクや消毒が、お子さんにとっての「新しい習慣」になるよう、無理強いせずに取り組んでいきましょう! 2歳未満のお子さんに対しては、まずはパパやママが感染しない!ということが一番のリスク回避ですね。

関連記事一覧