仕分けて収納する【おかたづけ日和】

暮らし

サイズも柄も豊富で、選ぶのも楽しいジッパーバッグ。「中身が見える」「コスパがいい」
メリットを生かせば、食品保存だけでなく、使い道は無限大!

1.電池や電源コードの 「アレどこ行った?」を阻止

種類の違う電池や、カメラ・ビデオなどの電源コード…家の中には「似ているけど用途の違うもの」がいっぱい。そんな時は、小さいジッパーバッグが大活躍。上部にラベリングし、ブックエンドなどで立てて収納すれば、サッと取り出せます。

2.祝儀袋と筆ペンのセットでもう慌てない

急に必要になることもある、ご祝儀袋。いざという時に慌てないように、筆ペンと一緒にジッパーバッグへ。こんな風に「必要なものをまとめておく」のもジッパーバッグの得意技。「子どものお泊まり用着替え」をまとめるのにも便利。

3.定番!冷凍庫の保存はラベリングがカギ

ジッパーバッグが一番活躍する場所といえば、やっぱり定番の冷凍庫。立てて収納+ダブルクリップを使ってラベリングすれば、上から中身の食品が一目瞭然!ジッパーバッグのサイズをなるべく統一すると、ゴチャゴチャするのを防げますよ。

おさよさん

9歳と6歳の2児のママ。掃除収納アドバイザー・片付け遊び指導士認定講師。雑誌・TVに多数出演。著書複数。最新刊は、「おさよさん流 がんばらなくてもキレイが続...

プロフィール

関連記事一覧